簿記(日商簿記・全経簿記・建設業経理士)・弥生のビジネススクール 弥生カレッジCMC

簿記・弥生のビジネススクール 弥生カレッジCMC

0120-841-244

職業訓練のお問い合わせは 06-4800-6803

お問い合わせ

訓練説明会を見る

受講生のその後

>> 受講生のその後 TOPに戻る

初学者の成功パターンを探る

積極的に行動し、チャンスをつかんだ上田さん。資格取得も計画的に進めたことが成功へのカギとなりました。

インタビュー

(CMC)上田さん、念願の経理職での就職、おめでとうございます!

(上田)ありがとうございます。

(CMC)昨年の12月24日に他社から正社員での内定をいただいたものの希望の経理職ではなかったのでどうしようかと相談に来られたのでしたね。

(上田)はい。
その会社の業務の内容が経理事務でしたので、応募し面接に行ったのですが、採用担当者様から「実は、経理はほとんどないけれども、上田さんのスキルと合うので来てほしい!」と言われたのです。
その内定をもらった会社は、定年まで働ける会社でした。それだけに辞退して他に採用される保証もないので迷っていて先生に相談したのです。

(CMC)あの時の上田さんのお話には「一生の仕事として経理がしたい」という強い思いしか伝わってきませんでした。(笑)そんなに思っていらっしゃったら、まだ修了前だったので慌てなくてもいいのではないかとアドバイスし、派遣・紹介会社への登録を早くすることをお勧めしました。どこにチャンスがあるかわかりませんからと。

(上田) ご相談した後に内定は辞退し、翌日の25日にCMC卒業生がたくさんお世話になっているアプロサクセス(派遣・紹介会社)に登録予約の電話をしました。事前に横山先生が連絡してくださっていたのでスムーズに予約ができ27日に伺ったのですが、たまたま家から一駅という会社で経理職の求人が出たところだったのです。
 それで、トントン拍子に年明けに見学させて頂けると話が進みました。

(CMC)年末ということもあり、実習訓練を早退して行かれたのでしたね。登録の面談ではどのようなことを聞かれたのですか。

(上田) 登録時間は2時間くらいかかりました。履歴書、職務経歴書を用意していましたが指定の用紙への記入に時間がかかりました。エクセル、ワード、アクセスなどパソコンのスキルチェックや自分の強みなどを書きました。自己分析は講座でもしていましたし、応募書類のフィードバックを何度もしていただいていたので思い出しながら書くことができました。

(CMC) 年明けの会社見学はどのようなものでしたか?

(上田)それが、見学といいながら面接になりました。先方へは事前にアプロサクセスさんから私のことは聞いていただいていたらしく、フランクな感じでした。
 鉄鋼業で鋳型をつくっておられる会社で、女性社員は経理の方、お一人です。長く勤められたその方が退職されるので後任にとお聞きし、不安ではありましたが、わからなければ辞められたあともお電話できると聞き安心しました。
 また職務経歴書については、横山秋子先生に何度もご相談したのですが、アドバイスを頂いた「志望関連のスキル」を、社長さんが頷かれながら大変長い間ご覧になっていました。

 それからとってもびっくりしたことなのですが、社長さんから「CADも覚えて欲しい」と言われたのです。

実は私が学校卒業後勤めた建設会社ではコンピューター室の配属でした。主に経理の仕事をしていたときにCADにも興味を持っていたのですが、担当職務とは直接関係がないため教えていただくことは出来ず、その思いを封印していたのです。
 ですからもう、嬉しくて嬉しくて・・・(笑)

(CMC)すごい偶然ですね~。運を掴んだ!!って感じですね。(笑)
 それでは、そもそも入校前に簿記の2級も取得されていてCMCに入校されたのは
 どうしてなのですか?

(上田)ずっと経理職に就きたいと思っていたので、そのときの業務に必要だったわけではないのですが平成13年に専門学校に通い簿記2級を取得しました。
そして、その時に勤めていました会社の上司より、「せっかく簿記2級を取得したのだから、小口現金から始めて、スッテプアップしなさい。」と言われ念願の経理職の入り口に入ったのですが、事情でその会社を辞めなくてならず、経理は小口現金で止まってしまいました。
さらに経理で就職するためには、試算表や決算の出来る人を求めている求人が多かったため、実務経験のない私には不利でした。
 給与計算や社会保険制度についても学びたいと思っていたところハローワークで職業訓練制度を知ったのですが、CMCのカリキュラムを見て私が学びたかったことがすべて盛り込まれていたので受講を希望しました。

(CMC) それでは、在校中に資格はどのようなものを取得されましたか。

(上田) 一番の目標が弥生関連資格の取得でした。目標どおり弥生認定インストラクターの会計、(弥生認定インストラクターの給与は、現在勤務の会社の面接日と申込みの日が重なってしまい、再度申込みをして取得します。)全経消費税法2級、日商PC検定文書作成3級、日商電子会計実務検定中級。12月25日迄に、計画していた通り4つですが無事合格しました。

(CMC)最初は派遣での勤務ということなのですね。

(上田) はい。2か月は派遣での勤務となりますが、その後正社員としての採用になる予定です。

(CMC) 年末に早く行動された結果が、こんなに早く出て良かったですね。

(上田)クラスメイトもわりと早く活動されていたので、いい刺激を受けました。

(CMC)最後に同年代の方は年齢への不安を持っている方が多いですが、そんな方たちに何かメッセージはありますか?


(上田) 経理職への就職が叶うのかずっと不安でしたが、資格取得で成功体験を積めたことで目標を見失わずに頑張れました。

私の場合は、CMC入校する前の自分の持っているスキルを資格であらわそうという強い思いがありました。企業では重要視されているビジネス文書を取得した証になる日商PC検定文書作成3級と社会保険の学習が必要な日商電子会計実務検定中級!
そして、4月から変更される消費税に強い全経消費税法2級 を12月迄に取得する事でした。

また、CMCの横山代表が、資格についての説明をされているのをホームページ上で拝見し、弥生認定インストラクターの会計を12月迄に、 弥生認定インストラクターの給与とMOSのエクセルを今年の1月中に取得する事に決めました。
このように、私は、CMC入校前は、計画は立てましたが果たして、これだけの資格取得と就職が叶うのか、一人で大丈夫だろうか?と思っていましたが、クラスメイトやCMCの先生方やスタッフの皆さんに助けられて、目標の4つの資格を取得し、後2つの資格取得のみとなりました。
勿論、後2つもCMCで学んだ証として後日受験します。
  
そして面接! 私の読みは当たりました! 
「志望関連のスキル」を、大変長い間ご覧になっていた事が気になっていました。そうです! 社長はビジネス文書を取得した証になる日商PC検定文書作成3級、 社会保険の学習が必要な日商電子会計実務検定中級、 弥生認定インストラクターの会計、全経消費税法2級、を取得した経緯を見抜かれたのです。
偶然が偶然を引き起こしたのかもしれませんが、スキルを資格として持って、又、それに関連したソフトが出来るのが、一番の強みとなったと思います。
 ぜひあきらめずに前向きに頑張ってほしいと思います。

(CMC)ありがとうございました。また、お仕事の話を聞かせてくださいね。

※敬称略させていただいてます

>> 受講生のその後 TOPに戻る

ページの上部へ戻る

弥生カレッジCMC 〒534-0025 大阪市都島区片町2-2-40 大発ビル216
TEL:06-4800-6803  FAX:06-4800-6833  受付時間:9時30分~17時30分
Copyright (c) 2011 CaseMethod , LTD. All Rights Reserved.